漁村学シンポジウム

記事一覧(3)

急きょ開催!第1.5回漁村×学シンポジウム

いまだ存在しない学、「漁村学」。「漁村×学シンポジウム」は、いろいろな学問と「漁村」をつなぐことで、地域と学問の双方に新たな知見や活動が生まれる可能性を模索しています。このたびは、昨夏8月26日に開催された「第1回漁村×学シンポジウム」に引き続き、建築学者の下田元毅氏・宮崎篤徳氏のおふたりを、今回はあえて「漁村学者」としてお招きし、前回のアフタートーク的な位置づけで「第1.5回漁村×学シンポジウム」を開催します。シンポジウムといっても、今回は漁村伝統のお菓子を囲んでの「お茶会」。かた苦しさは全く予定しておりません。特別なテーマも定めず、漁村の「これまで」と「これから」、あれやこれやを参加者みんなで放談する、ゆるやかな2時間。前回シンポジウムを体験された方はもちろん、そうでない方も。どなたもお気軽に参加いただけます。<プログラム>14:30-15:00 開場15:00-17:00 下田元毅氏、宮崎篤徳氏を囲んで、お茶会&フリートーク17:00 閉会日時:2017年12月17日(日) 15−17時会場:三重県尾鷲市九鬼町79−2   移住体験住宅「みやか」   ※公共交通 JR九鬼駅より徒歩15分   ※尾鷲市ふれあいバス八鬼山線「九鬼町」下車、徒歩2分   ※車でご来場の方は、事前にお問い合わせください。会費:500円(茶菓・資料代)定員:30名参加ご予約のお申込みは以下フォームから

第一回シンポジウムお申込みはこちらから!

記念すべき第一回となる今回の「漁村×学シンポジウム」では、全国の漁村建築を研究対象として活動されている建築学者の川窪広明氏、下田元毅氏、宮崎篤徳氏から漁村ならではの建築や文化のお話を、また、哲学者の竹田青嗣氏に哲学と「学ぶこと」についてのお話をうかがいます。<プログラム>(講演テーマは変更の可能性があります)14:00-14:10 開会のごあいさつ14:10-14:40 川窪広明(大手前大学/建築学) 基調講演「漁村×学とは?」14:40-15:10 竹田青嗣(早稲田大学/哲学) 講演「リアス式海岸と哲学」15:10-15:40 下田元毅(大阪大学/建築学) 講演「風土のカタチ」15:40-16:00 休憩16:00-16:50 トークセッション「漁村に大学をつくろう」 竹田青嗣、川窪広明、下田元毅、宮崎篤徳(関西大学/建築学)  司会:九鬼町地域おこし協力隊 豊田宙也16:50-17:00 閉会のごあいさつ日時:2017年8月26日(土) 14−17時会場:三重県尾鷲市九鬼町187   九鬼漁村センター3階ホール(定員100名)   ※公共交通 JR九鬼駅より徒歩15分   ※尾鷲市ふれあいバス八鬼山線「漁業組合前」下車   ※車でご来場の方は、事前にお問い合わせください。入場:無料参加ご予約のお申込みは以下フォームから